« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月24日

スペアリブのとろ煮

%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%96.jpg


アジュバン化粧品ネットショップ アジュバン倶楽部の
 
スタッフの稟太郎です! (ニックネームです。本名ではありません・・・。女性です。)


我が家の、母直伝の「スペアリブのとろ煮」をご紹介します!

クリスマスにぜひ作ってみてください。

お鍋一つで、簡単にできます。

お肉から骨がスッルッと抜けて、柔らかく出来上がります。

(作り方)
1.スペアリブに塩コショウをふり・鍋に油ニンニクを入れて、スペアリブを焼きます。

2.焼き色がついたら油を拭き取り、水(食材がかぶる程度)、
  ジャガイモ、人参、玉ねぎ、  ローリエ1~2枚、
  調味料(酒、みりん、醤油・・・適量です!)を入れ、煮汁が1/3位になるまで煮るだけです。

以上です。

14本、あっという間になくなりました!!

投稿者 hirane : 14:03 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月18日

待ってました!八甲田!!

%E5%85%AB%E7%94%B2%E7%94%B0.jpg


アジュバン化粧品ネットショップ アジュバン倶楽部

スタッフの渡辺です。

タレントの森公美子さん絶賛のお取り寄せチーズケーキ 「八甲田」、

ついに頂きましたあ。

スタッフの角田さんが苦労して、待って待って、

ようやく手に入れてくれたんです。

一ヶ月待ちですって・・・。

それをいとも簡単に、パクパクいただいていしまいました。

見た感じ、「チョッと小さめ」・・・

だけど一口で「う~ん幸せ」感いっぱいです。

味は超濃厚なのに口当たりはあっさり、初めて出会いました。

ぜひ、お勧めです!!

投稿者 hirane : 11:08 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月08日

不思議なお菓子 愛香菓

%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%8F%93%E5%AD%90%EF%BC%91.jpg %E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%8F%93%E5%AD%90%EF%BC%92.jpg


アジュバン化粧品 ネットショップ アジュバン倶楽部の

平根です。

先日、金沢の「うら田」というお店の愛香菓をいただきました。

数年前、お取り寄せの話で盛り上がったとき、

このお菓子の話をしたことがあったんです。

久しぶりに金沢に行ったから、と、このお菓子をいただきました。

そのときは、名前が思い出せず、とにかく不思議でおいしい、

という話を聞いていました。

ようやく、食べることが出来ました。ありがとうございます。


口の中でほろっと溶け、和菓子でもない洋菓子でもない、

不思議な感じのお菓子です。

アーモンドとシナモン、レモンなどが入っているそうです。


どこかで、ずっと前に、食べたことがあるような気がするんですが、

でも、思い出せない。

そんなお菓子です。


   

投稿者 hirane : 15:40 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月05日

甘~い蜜芋

%E8%9C%9C%E8%8A%8B%EF%BC%91.jpg  %E7%84%BC%E3%81%8D%E8%8A%8B%E9%8D%8B.jpg


アジュバン化粧品ネットショップ アジュバン倶楽部の

平根です。

種子島蜜芋(安納芋)が届きました。

ものすごく甘い芋、糖度40度以上のさつま芋です。

中は黄色というよりオレンジ色、

とろっとして、びっくりするほど甘い焼き芋です。

竹串を刺した穴から蜜が出て、飴状に固まっています。

いや、驚きました。

・・・しかし、もっと驚いたこと。

焼き芋鍋が家にあったこと・・・。

強火で15分、その後、鍋入れ?のような器に鍋を入れ、待つこと25分。

焼き芋屋さんの石焼き芋と同じ香りがしています。

へえ、こんな鍋があるんだ。

うん、燻製もできるの。と妻。

いつからこの鍋、持ってたの・・・。

投稿者 hirane : 11:20 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月04日

念願のバターケース

  
 

アジュバン化粧品ネットショップ アジュバン倶楽部の

平根です。

我が家に念願のバターケースが届きました。


今から一ヶ月ほど前のこと、何かの本を読んだ妻が宣言しました。

「私もバターケースを育てる!!」

バターケースを育てる? 

なんのこっちゃ?


食べることにひたすら貪欲な妻は、食べ物本も大好きです。

その中で、「使い込んで飴色になったバターケース・・・」という下りを

読んだらしく、すっかり自分もその気になっています。

ネットで「木のバターケース」を探しまくり、北海道の『工房 木那』というところに

バターケースをお願いしました。

数日後、「約一月で彫り上がり、乾燥後お届けいたします、

お待ちいただけますか」と、とても丁寧なメールをいただいたそうです。

こうなると、私もすっかり楽しみになってきました。


・・・約一ヵ月後。

バターケースを作っていただきました。

どうですか、この色!

なんともいえないピンクがかった暖かい色の木で、

つるつるして本当に優しい肌触りです。

届いてから数日は、ふたを開けて乾かし、

表面にサラダ油を塗ってから使用開始です。

数年後、飴色に育つのが楽しみです。

バターナイフはいい色になってきた!と、妻の一言。

まだ、数日なんだけど・・・。

投稿者 hirane : 09:46 | コメント (0) | トラックバック