« 東西駄菓子対決!! | メイン | 桜の風呂敷。うーん、春です。 »

2006年04月01日

真味糖、健在なり。

  美肌のスキンケア アジュバン化粧品

 ネットショップ アジュバン倶楽部の

 平根です。

 

 今日は、上品にいってみます! 

昨日のブログは、最後を「あんな」言葉でしめてしまったので・・・。

 

久々に「真味糖」を食べました。

子供の頃、時々長野の方からいただいて、ときどき食べたお菓子です。

(それが誰だったのか、何も思い出せないのに、お菓子だけしっかり覚えています)

 

最近、駄菓子をはじめ、懐古趣味にはしってしまったかのように

昔 食べたお菓子が懐かしい・・・。

長野の 開運堂さんの真味糖。  取り寄せました。

 

胡桃が入って、しっかりした甘さ(めちゃくちゃ甘い、とも言う)です。

お茶席のお菓子だということも、裏千家淡々斎宗匠命名、という由緒あるお菓子だということも

今回初めて知りました。

このせちがらい世の中、昔のままの形で、昔のままの味を守り続けている真味糖を

懐かしく、ちょっと感動しながらいただきました。

 

でも、写真ではラップを敷いています。

お茶席、と聞いて、似合うお皿がアジュバン倶楽部にはないことに気づきました。

で、ラップ苦笑  まだ、お皿のほうがいいんじゃないの?とつっこみつつ・・・。

 

このお菓子を、おやつに食べたスタッフH、

「しろくまアイスをかためたみたいな味・・・」

まだまだ、感想が若いな。

 

明日はアジュバン倶楽部はお休みです。

 

投稿者 hirane : 2006年04月01日 17:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.suhada110.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/131

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)